アガパンサス (紫君子蘭)

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

Agapanthus africanus

南アフリカが原産です。わが国へは、明治時代の中頃に渡来しました。6月から8月ごろ、花茎を伸ばして球状花序に淡い紫色の花をいっぱい咲かせます。名前は、ギリシア語の愛(Agape)と花(Anthos)に由来します。和名では「むらさきくんしらん(紫君子蘭)」と呼ばれます。園芸品種も多く、濃紫色や淡青色、白色などがあります。 
ユリ科アガパンサス属の常緑多年草で、学名は Agapanthus africanus。英名は African lily。 
The African lily (Agapanthus africanus) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to South Africa. It was introduced into Japan in the mid-Meiji Era (about 120 years ago). The spherical flower clusters are borne on stalks and produce pale purple flowers from June to August. The genus "Agapanthus" derives from the Greek "agape" (love) and "anthos" (flower). (edit by Greg Brockelbank) 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年12月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 同上にて、2008年12月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2005年11月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 同上にて、2005年12月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2006年01月31日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月23日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市にて、2004年01月02日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 山形県飯豊町「どんでん平ゆり園」にて、
2015年07月18日撮影。
[中10・下] 同上にて、2015年07月18日撮影。(photo by Aya Seko) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp