アガウェ・ポタトルム (雷神)

Agave potatorum

Agave potatorum

Agave potatorum

Agave potatorum

メキシコ南部、プエブラ州からオアハカ州に分布しています。標高が
1350〜2250メートルの山地に生えてロゼットを形成し、高さは60
センチほどになります。青緑色の葉は薄く白粉を帯び、先端には黒
褐色の鋭い棘があります。種名はラテン語の「酒飲み」から。多肉の
葉はアルコール飲料の原料にされます。園芸上は「ライジン(雷神)」
と呼ばれます。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave
potatorum。英名はありません。
Agave potatorum belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen
perennial agave that is distributed Puebla and Oaxaca State, south Mexico.
This agave occurs in the mountains 1,350-2,250 m above sea level, and
form rosette about 60 cm tall. Leaves are thin and powdery white with
brownish-black spines. The specific epithet 'potatorum' in the generative of
the Latin word 'potator' meaning of the drinkers in reference to the use of
this plant in making alcoholic beverages.
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年09月07日撮影。
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp