アガリータ

Berberis trifoliolata

Berberis trifoliolata

Berberis trifoliolata

アメリカの中南部、テキサス州からアリゾナ州、ニューメキシコ州それ
にメキシコ北部に分布しています。丘陵の斜面や平原に生え、高さ
は1〜3.5メートルになります。幹は直立し、葉は3出複葉で、狭披
針形から狭楕円形の小葉の縁には棘状の鋸歯があります。2月から
4月ごろ、芳香のある黄色い花を咲かせます。果実は液果で、夏に
赤く熟し、甘酸っぱくて食用にされます。
メギ科メギ属の常緑低木で、学名は Berberis trifoliolata。
英名は Agarita, Agarito, Currant-of-Texas。
Agarita belongs to Berberidaceae (Berberry family). It is an evergreen small
tree that is native to central-south USA, from Texas to Arizona, New
Mexico and northern Mexico. This tree occurs in dry rocky slopes or flats
and can reach 1-3.5 m in height. The stem is erect. The leaves are 3-lobed
compound, and the leaflets are narrow-lanceolate to narrow-elliptic with
spiny toothed edges. The fragrant yellow flowers come in February through
April. The fruits are berries, ripen red in summer and have sweet and sour
flavor, edible.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] 同上にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp