アガウェ・スカブラ

Agave scabra

Agave scabra

Agave scabra

Agave scabra

Agave scabra

Agave scabra

Agave scabra

アメリカのテキサス州南部からメキシコに分布しています。多肉質の
葉は灰緑色をしていて、縁には大きな鋸歯があり、鋭い棘が生えて
います。葉はロゼットを形成して、高さは90センチほどになります。
発芽から12〜15年を経過したころに、3〜5メートルほどの花茎を
伸ばして黄色い花を咲かせます。蝙蝠媒花です。花が咲いた後には
枯死してしまいます。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の多年草で、学名は Agave
scabra。英名は Century plant, Rough agave。
Century plant (Agave scabra) belongs to Agavaceae (Agave family). It is
an evergreen perennial herb that is distributed southward from southern
Texas to Mexico. The leaves are succulent and grayish green with large
toothed edges and spines. They form rossete and can reach about 90 cm in
height. It grows up long flowering stalks; 3-5 m high and blooms yellow
flowers at 12-15 years after germination. It is a bat-pollinated flower. After
fructification it may be blighted.
[上] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2002年10月22日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中1・中4] 同上にて、2007年10月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 同上にて、2007年10月31日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp