アガウェ・テキーラナ [Index] [Back]

Agave tequilana

Agave tequilana

Agave tequilana

メキシコから中央アメリカが原産です。各地で広く栽培されてきています。葉は多肉質でロゼットを形成し、高さは1.5メートル以上になります。本種は、最良のテキーラを製造するのに使われます。テキーラは、メキシコ北西部のテキーラ周辺でおもに作られている蒸留酒です。
リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年草で、学名は Agave tequilana。英名は Weber blue agave, Agave azul。
Weber blue agave belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen perennial herb that is native to Mexico to Central America. This herb has been cultivated in so many places各地で広く. The leaves are succulent and form rosette, can reach up to 1.5 m in height. This is the agave that is used to make the best tequila. Tequila is a spirit made primarily in the area surrounding Tequila, a town in the north-western Mexico.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp