アゲラタム (大かっ香薊)

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

Ageratum houstonianum

カッコウアザミ属は、メキシコからペルーにかけて30種類ほどが分布しています。現在、園芸用に栽培されているのは、ホウストニアヌム種を母種とする園芸品種が中心となっています。高さは20〜60センチほどで、卵形から円形の葉が対生します。花壇や鉢植えにされますが、四季咲き性で5月から11月ごろまで咲き続けます。花色には青紫色や紫色、ピンク色、白色などがあります。和名では「おおかっこうあざみ(大かっ香薊)」と呼ばれます。
キク科カッコウアザミ属の一年草、多年草または亜低木で、学名は Ageratum houstonianum。英名は Ageratum、Floss flower。
Ageratum genus belongs to Asteraceae (the Aster family). It is an annual, perennial or subshrub that is distributed from Mexico to Peru. This genus consists of about 30 original species, and the cultivars are mainly varieties of Ageratum houstonianum. This herb grows to 20-60 cm in height. The leaves are ovate to round. It plants in beddings or pots, and it is everblooming, bloom from May to November. There are bluish-purple, purple, pink or white flower-colors.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中5・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp