アグライア

Aglaia sp.

Aglaia sp.

Aglaia sp.

アグライア属は東南アジアからオーストラリアにかけて、100種ほど
が分布しています。高さは3〜40メートルになり、葉は単葉や複葉、
奇数羽状複葉で、小葉は卵形や倒卵形、楕円形などです。葉腋から
総状花序をだし、小さな黄色から白色の花を咲かせます。写真は、
オーストラリア原産の一種です。
センダン科アグライア属の常緑低木から高木で、学名は Aglaia sp.
(属の総称)。英名は Aglaia。
The genus Aglaia belongs to Meliaceae (Mahogany family), it has about
100 species and distributed through Southeast Asia to Australia. They are
evergreen small to tall trees which can reach 3-40 m in height. Leaves are
simple, compound or imparipinnate, and leaflets are ovate, obovate or
elliptic. Small yellow to white flowers in racemes are seen on leaf axils. The
photo is a species native to Australia.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2006年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp