アジュガ・ゲネウェンシス [Index] [Back]

Ajuga genevensis

ヨーロッパに分布しています。林縁や茂み、草地に生え、高さは10〜30センチになります。茎は直立し、葉は倒卵形で長い柄があります。4月から8月ごろ、茎頂の穂状に似た花序に、ふじ青色の花を密に咲かせます。花の上唇は短く、雄しべや雌しべが突き出しています。
シソ科キランソウ属の常緑多年草で、学名は Ajuga genevensis。
英名は Upright bugle。
Upright bugle (Ajuga genevensis) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial herb that is native to Europe. This herb grows on wood edges, thickets and grasslands, and can reach 10-30 cm in height. The stem is upright and the leaves are obovate with long stalks. The violet-blue flowers bloom in dense, terminal, spike-like inflorescences from April to August. The flowers have short upper-lips with protruding stamens and pistil.
クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp