アジュガ・ピラミダリス [Index] [Back]

Ajuga pyramidalis

ヨーロッパに分布しています。標高1300〜2800メートルの草地や岩場、潅木帯などに生え、高さは10〜25センチになります。葉は卵形で、鋸歯はわずかにあるか全くなく、下部では葉柄があります。4月から8月ごろ、葉が密についた穂状花序に、淡い藤青色または濃紫色、まれにピンク色や白色の花を咲かせます。 
シソ科キランソウ属の多年草で、学名は Ajuga pyramidalis。
英名は Pyramidal bugle。 
The Pyramidal bugle (Ajuga pyramidalis) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in meadows, stony places and scrubs, 1300-2800 m elavations, and it can reach 10-25 cm in height. The leaves are oval, slightly toothed ot untoothed, the lower stalked. The pale violet-blue or deep violet, rarely pink or white flowers bloom in dense leafy pyramidal spikes from April to August. 
スイス・ベルン州グリデンワルトにて、2013年06月25日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp