あかえぞまつ (赤蝦夷松)

Picea glehnii

Picea glehnii

北海道と本州の岩手県の一部、それに南千島やサハリンに分布して
います。樹冠は円錐形で、高さは40メートルになります。樹皮は赤褐
色で、鱗片状に剥離します。葉は線形で、断面は菱形をしています。
6月ごろ開花して、9月から10月に円筒形の球果が熟します。名前
は、「エゾマツ」より樹皮が赤いことから。
マツ科トウヒ属の常緑高木で、学名は Picea glehnii。
英名は Sakhalin spruce。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp