あかねすみれ (茜菫) [Index] [Back]

Viola phalacrocarpa

Viola phalacrocarpa

Viola phalacrocarpa

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、シベリアに分布しています。日当たりの良い林縁や、道ばたなどに生え、高さは5〜10センチになります。葉はさじ形から長三角形、長卵形で、ふつう微毛が生えます。4月から5月ごろ、鮮やかな紅紫色の花を咲かせます。距が細長く、側弁の基部には毛が密生するのが特徴です。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola phalacrocarpa。
英名はありません。
"Akane-sumire" (Viola phalacrocarpa) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is native to Japan, the Korean Peninsula, China and Siberia. This herb grows in sunny wood edges and roadsides, and can reach 5-10 cm in height. The leaves are spatulate, long-deltoid or long-ovate, and usually pubescent. The bright magenta flowers bloom from April to May. It is devided that the spurs are elongate and the bases of lateral petals are covered thickly hairs.
[上・中1] 福島県「花見山公園」にて、2013年04月14日撮影。
[下] 山梨県北杜市「編笠山」にて、2013年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp