あかしで (赤四手)

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

Carpinus laxiflora

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山野の河岸などの湿ったところに生え、高さは15メートルほどになります。樹皮は暗灰色で皮目が多く、老木では筋状のくぼみが目立ちます。葉は卵形から卵状楕円形で互生し、縁には不揃いの重鋸歯がります。雌雄同株で、4月から5月ごろ、葉の展開と同時に枝の先端に雌花序を上向きにつけ、雄花序は下垂します。果実は堅果で、果穂となって下垂します。葉は秋に橙色から赤色に紅葉しますが、林内に生えるものでは赤くならないこともあります。
カバノキ科クマシデ属の落葉高木で、学名は Carpinus laxiflora。
英名は Red-leaved hornbeam。
The Red-leaved hornbeam (Carpinus laxiflora) belongs to the Betulaceae (the Birch family). It is a tall deciduous tree that is distributed through Japan to the Korean Peninsula and China. This tree grows in wet places at hills and mountains, can reach about 15 m in height. The barks are dark gray with many lenticels, and the old tree has prominent streaked dents. The leaves are ovate to ovate-elliptic, alternate with irregular duplicato-serratus edges. This tree is monoecis, the upward female inflorescences and the drooping male ones are borne as soon as foliatin in April to May. The fruits are nuts and the fruit clusters are drooping. The leaves turn orange to red in fall, though they occationally do not turn colored in the woods.
[上・中1] 群馬県中之条町上沢渡「反下川林道」にて、
2008年07月26日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中4] 同上にて、2007年03月10日撮影。
[中5・中8] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中6・中7] 群馬県六合(くに)村「花楽の里」にて、
2009年04月25日撮影。
[中9〜中11] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中12・中13] 山梨県上野原市犬目「扇山」にて、
2013年09月22日撮影。
[中14・下] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp