あかそ (赤麻)

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

Boehmeria tricuspis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国にも分布しています。山地や野原のやや湿った所に生え、高さは50〜100センチになります。名前は、茎や葉柄、雌花序などが赤くなることに因みます。葉は卵形で先端が3裂して対生します。7月から9月ごろ、茎の上部に雌花序、下部に雄花序をつけます。縄文時代から、茎と表皮の間にある「靭皮(じんぴ)」と呼ばれる部分を取りだし、繊維状にしたものから糸が作られてきました。まれに白花もあります。
イラクサ科カラムシ属の多年草で、学名は Boehmeria tricuspis。
英名はありません。
"Aka-so" (Boehmeria tricuspis) belongs to the Urticaceae (the Nettle family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. It is a herb grows in wettish hills and fields, and can reach 50-100 cm in height. Its stem, petioles and female clusters are tinged red. The leaves are ovate, opposite and trilobate tips. The female clusters are borne on the upper stems and male ones are borne on the lower stems from July to September. This bast has been used for making fibers from the Johmon period (3-4 thousand years ago).
[上] 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にて、2007年08月01日撮影。
[中1] 長野県白馬村落倉にて、2005年07月11日撮影。
[中2] 秋田県藤里町藤琴にて、2005年07月17日撮影。
[中3] 長野県小谷村北小谷「湯峠」にて、2005年08月30日撮影。
[中4・中8〜9] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年07月27日撮影。
[中5] 同上にて、2005年07月25日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2006年09月09日撮影。
[中10] 新潟県湯沢町三国「浅貝自然観察教育林」にて、
2010年09月05日撮影。
[中11・中12] 福島県南会津町界にて、2012年08月26日撮影。
[中13〜中16] 福島県天栄村「二岐山」にて、
2014年07月26日撮影。
[中17〜中20] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。
[中21・中22] 宮城県大崎市鳴子温泉「地獄谷遊歩道」にて、
2015年06月07日撮影。
[中23〜25・下] 茨城県かすみがうら市「雪入ふるさとの里公園」にて、2016年07月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp