あかとうひ (赤唐檜)

Picea rubens

Picea rubens

Picea rubens

北アメリカの北東部、カナダのノバスコシア州からアメリカのノースカ
ロライナ州にかけて分布しています。東部の山地に生える唯一のトウ
ヒ属の樹木で、高さは15〜24メートルになります。樹冠は円錐形
で、樹皮は赤褐色で薄く鱗片状です。葉は針形で長さ12〜15ミリ、
4稜があります。球果は赤褐色の円筒形で、長さは3〜4センチほど
です。ノバスコシア州の州木となっています。
マツ科トウヒ属の常緑高木で、学名は Picea rubens。
英名は Red spruce, Eastern spruce。
アメリカ・ニューヨーク市ブロンクスにて、2004年03月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp