あかやしお (赤八染)

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

わが国の本州、東北地方南部から関東地方、中部地方に分布しています。山地の岩礫地に生え、高さは3〜6メートルになります。近畿地方から四国に分布する「あけぼのつつじ」の近縁種です。葉は楕円形で枝先に5個ずつつきます。4月から5月ごろ、葉の展開前に淡い紅色の花を咲かせます。群馬県の赤城山周辺に多いことから、別名で「あかぎつつじ(赤城躑躅)」とも呼ばれます。 
ツツジ科ツツジ属の落葉低木で、学名は Rhododendron pentaphyllum var. nikoense。英名はありません。 
"Aka-yashio" (Rhododendron pentaphyllum var. nikoense) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is native to Honshu of Japan; southward from southern Tohoku district to Kanto and Chubu district. This tree grows in montane rocks and screes and can reach 3-6 m in height. The leaves are elliptic and arranged in increments of five at the terminal branches. The pale rose-pink flowers appear in April through May before foliation. 
[上・中1] 群馬県沼田市利根町にて、2008年04月26日撮影。
[中2・中3] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[中4〜中10] 栃木県宇都宮市古賀志町にて、
2016年04月02日撮影。
[中11・中12] 同上にて、2016年04月02日撮影。
(photo by Aya Seko)
[中13〜中18] 栃木県日光市「霧降滝」にて、
2016年04月16日撮影。
[中19・下] 同上にて、2016年04月16日撮影。(photo by Aya Seko) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp