あかざかずら (藜蔓) [Index] [Back]

Anredera cordifolia

Anredera cordifolia

Anredera cordifolia

Anredera cordifolia

Anredera cordifolia

南アメリカが原産です。わが国へは、古い時代に薬用植物として、琉球列島に渡来しました。蔓性で、他の樹木などに絡みついてよじ登ります。葉は鮮やかな緑色で厚く、心形をしています。秋に総状花序をだし、芳香のある小さな白色の花を咲かせます。塊茎の増殖によるほか、落下した零余子(むかご)によっても増えます。葉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、野菜として利用されます。別名で「うんなんひゃくやく(雲南百薬)」や「りゅうきゅうひゃくやく(琉球百薬)」、「おかわかめ(丘若芽)」と呼ばれます。
ツルムラサキ科アンレデラ属の常緑多年草で、学名は Anredera cordifolia。英名は Madeira vine。
Madeira vine belongs to Basellaceae family. It is an evergreen perennial herb that is native to South America. It was introduced into Ryukyu islands of Japan via China as a herbal medecine in ancient days. This vine climbs up adjacent trees. The leaves are bright green, thick and cordate. The racemes are borne and bloom fragrant, white and small flowers in fall. It can reproduce by proliferation of caudex and also by means of bulbils that may be broken off. The leaves contain rich minerals and vitamins, and used for a vegetable.
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年05月02日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2009年09月21日撮影。
[下] 同上にて、2009年12月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp