あけぼのすみれ (曙菫) [Index] [Back]

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

Viola rossii

わが国の北海道南部から本州、四国・九州それに朝鮮半島や中国、ウスリーに分布しています。明るい雑木林などに生え、高さは5〜10センチになります。葉は先端が尖った心形で、花期にはほとんど展開していません。4月から5月ごろ、花柄を伸ばして、紅紫色から淡紅紫色の花を咲かせます。距は太く、ぼってりとしています。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola rossii。
英名はありません。
"Akebono-sumire" (Viola rossii) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is distributed from southern Hokkaido to Honshu, Shikoku and Kyushu, the Korean Peninsula, China and Ussuri. This herb grows in open brushes and can reach 5-10 cm in height. The leaves are heart-shaped with acute tips and little or nothing foliating in flower season. The magenta to pale magenta flowers bloom on the long peduncles from April to May. The spurs are thick and meaty.
[上・中1〜3] 長野県小諸市「高峰高原」にて、
2009年05月23日撮影。
[中4〜中8] 福島県川俣村「花塚山」にて、2014年05月17日撮影。
[下] 山形県小国町小玉川にて、2015年06月20日撮影。
(photo by Aya Seko)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp