あきちょうじ (秋丁字)

Rabdosia longituba

Rabdosia longituba

Rabdosia longituba

Rabdosia longituba

わが国の本州、岐阜県以西から四国・九州に分布しています。山地
の林内や林縁に生え、高さは30〜90センチになります。葉は長楕
円形で短い柄があり、対生します。9月から10月ごろ、茎頂や葉腋
に花序をだし、短い花柄の先に青紫色の花を咲かせます。花序や花
柄には短い毛があります。花色はふつう青紫色ですが、白色や淡紅
色の変異があります。
シソ科ヤマハッカ属の多年草で、学名は Rabdosia longituba。
英名はありません。
[上・中2・下] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中1] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp