あきのえのころぐさ (秋の狗尾草)

Setaria faberi

Setaria faberi

Setaria faberi

Setaria faberi

Setaria faberi

Setaria faberi

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、極東ロシアに分布しています。日当たりのよい道端や荒れ地に生え、高さは1メートルほどになります。花期が8月から11月ごろと、「えのころぐさ」より遅いのでこの名がつけられました。また「えのころぐさ」よりやや大型で、花穂が長く、湾曲して先が垂れるのが特徴です。
イネ科エノコログサ属の一年草で、学名は Setaria faberi。
英名は Foxtail grass。
Foxtail grass (Setaria faberi) belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is native throughout Japan, the Korean Peninsula, China and Far East Russia. This herb grows in sunny roadsides and waste grounds, and can reach about 1 m in height. The flowering season is August through November, and is later than Green bristle grass (Setaria viridis). This plant is also larger than Green bristle grass, and is defined by long inflected spikes.
[上・中1] 千葉県香取市大角にて、2011年09月08日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市逢阪「ふれあいの森」にて、
2004年09月23日撮影。
[中4] 長野県伊那市高遠町勝間にて、2006年09月22日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2005年09月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp