あきぐみ (秋茱萸)

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

Elaeagnus umbellata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりのよい山野に生え、高さは2〜3メートルになります。小枝は灰白色で葉の裏は銀白色の鱗毛で被われています。5月から6月ごろ、小さな淡黄色の花を咲かせます。球形の偽果は9月から11月に赤く熟し、食用になります。
グミ科グミ属の落葉低木で、学名は Elaeagnus umbellata。
英名は Autumn olive。
Autumn olive (Elaeagnus umbellata) belongs to the Elaeagnaceae (the Oleaster family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, as well as the the Korean Peninsula and China. This tree grows in sunny fields or mountains and can reach 2-3 m in height. The twigs are grayish white. The leaves are covered with silvery-white scaly hairs on the abaxial sides. The small pale yellow flowers come in May to June. The false fruits are ripen in red in September to November and edible.
[上・中1] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月09日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市田原台「えびす公園」にて、
2005年05月05日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中5] 長野県安曇野市穂高牧「烏川渓谷緑地」にて、
2006年06月01日撮影。
[中6・中7] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、
2005年10月13日撮影。
[中8] 茨城県神栖市「波崎海岸砂丘植物公園」にて、
2007年10月11日撮影。
[中9] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中10] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。
[中11・中12] 群馬県高崎市箕輪町にて、2010年05月16日撮影。
[中13・中14] 茨城県鉾田市「鹿島灘海浜公園」にて、
2012年11月11日撮影。
[中15〜中17] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。
[中18〜21・下] 福島県北塩原村「雄国山」にて、
2014年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp