あくにおいたけ (灰汁臭い茸)

Mycena stipata

Mycena stipata

わが国の各地をはじめ、北アメリカやヨーロッパなどに広く分布して
います。春から秋にかけて、針葉樹の材上に束生または群生しま
す。傘は円錐形から鐘形で、暗褐色からベージュ色に変化します。
名前は、このキノコが灰汁(あく)のような臭いがすることから。硝酸
のような薬品臭とも表現されます。写真は「オオシラビソ」の切り株に
生えたもの。
キシメジ科クヌギタケ属のキノコ類で、学名は Mycena stipata。
英名はありません。
長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、2005年07月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp