アルアウディア・アスケンデンス

Alluaudia ascendens

Alluaudia ascendens

Alluaudia ascendens

Alluaudia ascendens

マダガスカル島の南部に分布しています。幹は太くて鋭い棘が生え、
高さは10〜15メートルほどになります。葉は円形からハート形で2
個ずつ出ますが、かんたんに落葉します。園芸上は「ふとつばかなぼ
う(太二つ葉金棒)」と呼ばれています。
カナボウノキ科アルアウディア属の小高木で、学名は Alluaudia
ascendens。英名はありません。
Alluaudia ascendens belongs to Didiereaceae. It is a semi-tall tree that is
endemic to south Madagascar. The trunks are thick, covered with acute
spines and can reach 10-15 m in height. The leaves are round to heart-
shaped and arranged in pair. They lose its leaves easily.
[上・中1〜2] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp