アリウム・カナデンセ・カナデンセ [Index] [Back]

Allium canadense var. canadense

Allium canadense var. canadense

北アメリカの東部、テキサス州からフロリダ州、それにニューブランズウィック州からモンタナ州にかけて分布しています。牧草地などに生え、高さは15〜45センチになります。葉は狭線形でみずみずしく、15〜30センチの長さがあります。葉や他のほとんどの部分には、特徴的なネギ臭があります。4月から5月ごろ、茎頂の散形花序に、白色またはピンク色でしばしば条斑のある花を咲かせます。ほとんどの花は、零余子に置き換わっています。零余子はやがて地面に落ち、親植物が再生されます。 
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium canadense var. canadense。
英名は Wild onion、Canada onion。 
The Wild onion (Allium canadense var. canadense) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to eastern North America from Texas to Florida to New Brunswick to Montana. This herb grows in meadows, and it can reach 15-45 cm in height. The leaves are narrow linear, fleshy and 15-30 cm long. They, and all other parts of the plant, have the characteristic onion odor. The white or pink and often lined flowers bloom in the terminal umbels from April and May. The most flowers have been replaced by bulblets. The bulblets soon fall to the groung and reproduce the mother plant. 
アメリカ・テキサス州ダラス市ミュアフィールド通りにて、
2015年04月19日撮影。(photo by Jouette Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp