アロプレクツス・カピタツス

Alloplectus capitatus

Alloplectus capitatus

Alloplectus capitatus

南アメリカのペルーが原産です。葉は大きな長楕円形で、主脈上に
白色の班が入り、ビロードのような毛が生えています。上部の葉のあ
いだに大きな花序をつくり、周年、赤い萼片に包まれた黄色い花を
咲かせます。果実は「クサギ」に似ています。
イワタバコ科アロプレクツス属の常緑多年草で、学名は Alloplectus
capitatus。英名はありません。
Alloplectus capitatus belongs to Gesneriaceae (African violet family). It is an
evergreen perennial that is native to Peru, South America. Leaves are large
oblong with velvety hairs and whitish stripe on midribs. Large inflorescences
are born between upperpart of leaves, yellow flowers with reddish sepals
are seen year round. Fruits are reminiscent of Harlequin glorybower.
[上・中] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。
[下] 同上にて、2003年10月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp