アルアウディア・コモサ

Alluaudia comosa

Alluaudia comosa

Alluaudia comosa

マダガスカル島の固有種で、南部から南西部に分布しています。樹木状になり、高さは9メートルほどになります。幹は大きく3〜4個に分枝し、多くの小枝がでています。また多くの棘が生えています。葉は卵形で、毎年おなじところからでます。小さな黄色がかったピンクの花を咲かせます。園芸上は「ひめふたつばかなぼう(姫二つ葉金棒)」と呼ばれます。 
カナボウノキ科アルアウディア属の多年草で、学名は Alluaudia comosa。英名はありません。 
Alluaudia comosa belongs to the Didiereaceae family. It is a perennial herb that is an endemic species of the Madagascar Island, and distributed from the south to the southwest. This herb becomes a tree shape and its height is about 9 m. The trunk branches to 3 to 4 large, many twigs are on. Also many spines are growing. It blooms small yellowish pink flowers. 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年04月02日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp