アリウム・ドルモンディイ

Allium drummondii

Allium drummondii

Allium drummondii

アメリカの中部、サウスダコタ州からテキサス州にかけて分布してい
ます。大草原や牧草地などに生え、高さは10〜30センチになりま
す。葉は扁平な線形で束生します。4月から6月ごろ、花茎を伸ばし
て散形花序をだし、白色からピンク色、淡紅色の花を咲かせます。シ
ャイアン(Cheyenne)の人々は、葉を茹でて肉の香りづけに、また鱗茎
を食用にしたそうです。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium drummondii。
英名は Drummond's onion, Wild garlic, Prairie onion。
Drummond's onion belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb
that is distributed in central USA, southward form South Dakota to Texas.
This herb occurs in prairie or meadows and can reach 10-30 cm in height.
The leaves are flat linear and fasciculate. The umbels come on the stalks and
bloom white, pink to pale rose-pink flowers. The Cheyenne people had
been used for spicy herbs and foods.
[上] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp