アリオニア・インカルナータ

Allionia incarnata

Allionia incarnata

Allionia incarnata

Allionia incarnata

アメリカ西部からメキシコそれに南アメリカに分布しています。乾燥した砂地や砂礫地に生え、地面を這って長さは90センチほどになります。葉は卵形で対生し、全体に白い軟毛に被われています。4月から9月ごろ、葉腋から短い花柄の先に、濃いピンク色の花を咲かせます。花は一日花で、夕方は萎んでしまいます。
オシロイバナ科アリオニア属の多年草で、学名は Allionia incarnata。英名は Trailing four o'clock、Trailing windmills。
Trailing four o'clock (Allionia incarnata) belongs to Nyctaginaceae (the Four-o-clock family). It is a perennial herb that is native from western United States to Mexico and South America. This herb grows on arid sandy soils or screes, crawls on the grounds and can reach about 90 cm long. The leaves are ovate, opposite and covered with white soft hairs. The dark pink flowers bloom on a short peduncle at leaf axils. The flowers last one day, and fade at evening.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2011年05月11日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[下] 同上にて、2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp