アリウム・カラタウィエンセ (眉刷毛韮)

Allium karataviense

Allium karataviense

中央アジア、カザフスタン共和国のトルケスタン地方が原産です。高
さは25センチほどになり、葉は大きな楕円形で灰緑色をしていて、
根生します。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして散形花序をつけ、ピ
ンク色から白色の星形の花を咲かせます。種名は、産地のカラタウ
山脈(Kara Tau)に因みます。和名では「マユハケニラ」と呼ばれま
す。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium karataviense。
英名は Ornamental onion。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp