アリウム・ネアポリタヌム

Allium neapolitanum

Allium neapolitanum

Allium neapolitanum

地中海沿岸の南ヨーロッパや北アフリカが原産です。乾燥した草原などに生え、高さは30センチほどになります。葉は線形で長く、浅い竜骨があります。晩春に、花茎を伸ばして散形花序をつけ、星形の白い花を咲かせます。花には芳香があります。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium neapolitanum。
英名は Daffodil garlic, White garlic。
Daffodil garlic (Allium neapolitanum) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the Mediterranean region; South Europe and North Africa. This herb grows in arid grasslands and can reach about 30 cm in height. The leaves are long linear with low keels. The umbels are borne on the flowering stalks, and produce stary white flowers. The flowers are aromatic.
[上] クロアチア・ドゥブロニク「ロクルム島」にて、
2012年05月03日撮影。(photo by Aya Nishizawa)
[中・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp