アラマンダ・ウィオラケア (紫有明葛)

Allamanda violacea

Allamanda violacea

Allamanda violacea

Allamanda violacea

Allamanda violacea

ブラジルが原産です。茎はか細くて奔放に伸びます。葉は明るい緑色で軟毛が生え、輪生します。直径7〜8センチほどの赤紫色をした漏斗形の花を咲かせます。壁面のカスケードやハンギングバスケットなどに利用されるそうです。和名では「むらさきありあけかずら(紫有明葛)」と呼ばれます。 
キョウチクトウ科アリアケカズラ属の常緑半蔓性低木で、学名は Allamanda violacea。英名は Purple allamanda。 
Purple allamanda (Allamanda violacea) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is native to Brazil. The stems are slender and outspread freewheelingly. The leaves are light green, pubescent, and whorled. The flowers are magenta, funnel-shaped, and 7-8 cm across. This small tree is used as a cascade or hanging bascket. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年10月13日撮影。
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01年06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2015月02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp