アロエ・バルベラエ (泰山錦)

Aloe barberae

Aloe barberae

Aloe barberae

Aloe barberae

Aloe barberae

Aloe barberae

Aloe barberae

南アフリカの東部、東ケープ州からクワズールーナタール州、マプマ
ランガ州それにモザンビークに分布しています。夏降雨地域の峡谷
や潅木帯に生え、高さは18メートルほどになります。最も大きくなる
木質のアロエです。葉は濃緑色で枝先に集まってつき、基部は鞘状
になります。葉の縁には短い棘状の鋸歯があります。5月から6月ご
ろ、三叉分枝した総状花序にローズピンクからあんず色の花を咲か
せます。園芸上は「たいざんにしき(泰山錦)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe barberae。(syn. A.
bainesii)英名は Tree aloe。
Tree aloe belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial herb
that is distributed from Eastern Cape to KwaZulu-Natal, Mpumalanga of
South Africa and Mozambique. This aloe occurs in summer-rainfall canyons
or scrubby areas and can reach about 18 m in height. This species is a
largest tree aloe. The leaves are dark green and fascicled on the terminal
branches with short spiny toothed edges. Rose pink to tangerine red come
in the trifurcated racemes from May ti June.
[上・中1〜2・下] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年11月28日撮影。
[中4] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03年18日撮影。
[中5] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp