アロエ・ウェレクンダ

Aloe verecunda

Aloe verecunda

南アフリカの北部に分布しています。草本のアロエで、尾根や斜面の
岩礫地に生えて、高さは30センチほどになります。密度の高い群落
を形成します。くすんだ緑色あるいは青緑色の葉は多肉質で細く、非
常に短い茎から出ています。縁には柔らかな白い鋸歯があります。
この葉は冬には枯れ、翌春の最初の雨で再び伸びます。11月から
2月ごろ(南半球の夏)、花茎を伸ばして朱色の花を咲かせます。
ユリ科アロエ属の多年草で、学名は Aloe verecunda。
英名はありません。
[上] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、
2004年06月09日撮影。
[下] 同上にて、2005年06月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp