アロカシア・クプレア [Index] [Back]

Alocasia cuprea

Alocasia cuprea

東南アジアのボルネオ島が原産です。熱帯雨林の低層に生え、高さは50センチほどになります。葉は心形で長さ30センチ、光沢のある濃いメタリックグリーンをしています。花は薄紫色の仏炎苞に包まれた肉穂花序につきます。
サトイモ科クワズイモ属の常緑多年草で、学名は Alocasia cuprea。
英名はありません。
Alocasia cuprea belongs to Araceae (Arum family). It is an evergreen perennial herb that is native to Borneo Island. This herb occurs in understories of rainforests and can reach about 50 cm in height. The leaves are about 30 cm long, shiny dark metallic green and heart-shaped. The flower is borne in the spadix with violet spathe.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp