アロエ・ディコトマ (高蘆薈)

Aloe dichotoma

Aloe dichotoma

Aloe dichotoma

Aloe dichotoma

Aloe dichotoma

南アフリカ、ナミビアが原産です。アロエ属の中では最も大きくなるひ
とつで、高さは10メートルほどになります。花期は冬で、茎頂から総
状花序をだし、黄色い花を咲かせます。多肉の茎は水タンクの役割
をして、雨がなくても1年以上生きることができます。現地では、このく
り抜いた枝を矢筒として使うそうです。和名では「たかろかい(高蘆
薈)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe dichotoma。
英名は Quiver tree, Kokerboom。
Quiver tree belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial
herb that is native to South Africa and Namibia. This aloe is one of largest
tree aloe and can reach about 10 m in height. The racemes are borne on the
shoot apex, and bloom yellow flowers in winter. The stems are succulent
and serving water tank. It is alive over one year without rain. The hollowing
out branches are used for quivers by the native Africans.
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。
[中1〜中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年11月28日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp