アロエ・フォステリー [Index] [Back]

Aloe fosteri

Aloe fosteri

Aloe fosteri

Aloe fosteri

南アフリカのムプマランガ州やリンポポ州に分布しています。夏に降雨のある、丘陵や平原の草原や潅木帯などに生え、高さは1.5〜2メートルになります。無茎です。葉は濃緑色で、多くの横帯状の斑紋があり、直径1メートルほどのロゼットになります。大きな円錐花序に、黄色やオレンジ、朱赤色などの筒状花を咲かせます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe fosteri。
英名はありません。
Aloe fosteri belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen herb that is native to South Africa; Mpumalanga and Limpopo Province. This herb grows in grassveld and bush on hills and plains, summer rainfall area, and it can reach 1.5-2 m in height. It is stemless. The leaves are dark green with numerous spots in transverse bands, and they grow in about 1 m wide rosette. The large panicles are borne and bloom yellow, orange or scarlet tubular flowers.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp