アロエ・グラウカ (桜花錦) [Index] [Back]

Aloe glauca

Aloe glauca

Aloe glauca

南アフリカのケープ地方南西部に分布しています。岩の多い丘陵や山地の斜面に生えます。茎は非常に短く、葉は灰緑色で、ぼんやりとした縦縞と縁に赤褐色の鋸歯があります。長さは40センチ以上になります。8月から10月ごろ、花序にピンク色から淡橙色の花を咲かせます。園芸上は「おうかにしき(桜花錦)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe glauca。
英名は Blue aloe。
Blue aloe belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to southwestern Cape of South Africa. This aloe occurs in rocky hills and mountain slopes. The stem is very short, the leaves are grayish blue with faint longitudial lines and reddish brown toothed margins, up to 40 cm long. The pink to pale orange flowers on the inflorescences come in August to October.
静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp