アロエ・グランディデンタータ

Aloe grandidentata

Aloe grandidentata

南アフリカのケープ州が原産です。園芸上はムシャニシキ(武者錦)
と呼ばれています。70センチほどの高さで、白い斑点のある葉はロ
ゼット状になります。冬に朱赤色の総状花序をつけます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe grandidentata。
英名は Aloe grandidentata。
兵庫県姫路市手柄「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp