アロエ・ジャックソニイ (青霞城)

Aloe jacksonii

Aloe jacksonii

Aloe jacksonii

アフリカの南東部が原産です。岩場や荒れ地に群生し、高さは20セ
ンチほどになります。長い花茎を伸ばして、橙赤色の筒状花を周年
咲かせます。和名では「セイカジョウ(青霞城)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe jacksonii。
英名はありません。
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2003年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp