アロエ・ケドンゲンシス [Index] [Back]

Aloe kendogensis

Aloe kendogensis

アフリカ東部のケニアが原産です。茎は長く伸び、葉はロゼットを形成して、高さが3.6メートル以上になります。冬の終わりから春にかけて、分枝しない穂状花序に、朱色の花を咲かせます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe kendogensis。
英名はありません。
Aloe kendogensis belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to Kenya. This aloe has long stems, form rosette and can reach up to 3.6 m in height. The scarlet flowers come in unbranched spikes in late winter to spring.
静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp