アロエ・ノビリス (不夜城)

Aloe nobilis

Aloe nobilis

Aloe nobilis

たぶんミトリフォルミス種(A. mitriformis)かディスタンス種(A. distans)
と、アルボレスケンス種(A. arborescens)との種間交雑種です。葉は
ロゼットを形成し、高さは30センチほどになります。葉は三角状で、
黄白色の棘があります。6月から7月ごろ、長い花茎のうえに橙赤色
の花を咲かせます。園芸上は「ふやじょう(不夜城)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe nobilis。
英名は Gold tooth aloe。
Gold tooth aloe belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen
perennial herb that is probably a interspecific hybrid between A. mitriformis
or A. distans and A. arborescens. This aloe forms a rosette and can reach
about 30 cm in height. The leaves are triangular with yellowish white spines.
The orange-red flowers come on the tall stalks in June to July.
[上・中] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2002年07月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp