アロエ・オルトロファ (白夜錦) [Index] [Back]

Aloe ortholopha

Aloe ortholopha

アフリカのジンバブエが原産です。蛇紋岩帯に生え、単独のロゼットを形成して、高さは60センチ未満になります。葉は滑らかで青みを帯びます。花茎を伸ばして、総状花序の一方だけにつく橙赤色の花を咲かせます。園芸上は「びゃくやにしき(白夜錦)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe ortholopha。
英名はありません。
Aloe ortholopha belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen herb that is native to Zimbabwe. This herb occurs in serpentine soils and forms a solitary rosette less than 60 cm. The leaves are smooth and glaucous. This aloe is borne flower branches with orange-red flowers which all oriented on one side of the racemes.
静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp