アロエ・プリカティリス (乙女の舞扇)

Aloe plicatilis

Aloe plicatilis

Aloe plicatilis

南アフリカのケープ地方の南西部にだけ分布しています。山地の急峻な砂礫地に生え、3〜5メートルほどになります。木化した茎の先に、紐状の葉を向かい合う扇のように2列につけます。8月から10月ごろ、花茎を伸ばして橙赤色の筒状花を咲かせます。園芸上では、「おとめのまいおうぎ(乙女の舞扇)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe plicatilis。
英名は Fan aloe。
Fan aloe (Aloe plicatilis) belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen herb that is endemic to the southwestern part of Cape Province in South Africa. This herb grows on steep screes, and it can reach 3-5 m in height. The leaves are tape-like, arranged in double rows which give the appearance of fans, on the woody stems. The flowering stalks are borne and the tubular orenge-red flowers bloom from August to October.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。
[中] 同上にて、2004年02月07日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp