アロエ・スピカータ [Index] [Back]

Aloe spicata

Aloe spicata

Aloe spicata

南アフリカのクワズールーナタール州からマプマランガ州に分布しています。急峻な崖などに生え、高さは90センチ以上になります。冬の終わりに、アロエらしくない黄色い花を咲かせます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe spicata(syn. A. sessiliflora)。英名はありません。
Aloe spicata belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to KwaZulu-Natal and Mpumalanga of South Africa. This aloe occurs widely on steep cliffs and can reach up to 90 cm in height. Un-aloe like yellow flowers come in late winter.
静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp