アロエ・スピノシッシマ (七宝錦) [Index] [Back]

Aloe spinosissima

Aloe spinosissima

園芸品種で、アルボレスケンス種とフミリス種との種間交雑種です。ロゼットは群生し、茎は1メートル以上に伸びます。葉は25〜30センチの長さになり、縁には角のような鋸歯があります。長い花茎を伸ばし、橙赤色の花を咲かせます。園芸上は「しっぽうにしき(七宝錦)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe spinosissima。
英名は Gold tooth aloe。
Gold tooth aloe belongs to Liliaceae (Lily family). It is an evergreen perennial herb that is a garden hybrid between A. arborescens and A. humilis. The resettes are clumping and the stems grow up to 1 m in height. The leaves are 25-30 cm long with horny marginal teeth. The orange-red flowers come on the long stalks.
静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp