アロエ・ベラ

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

Aloe vera

地中海沿岸や西インド諸島のバルバドス島が原産です。高さは80
〜100センチ、葉は狭披針形で、ロゼット状に叢生します。葉縁には
鋭い棘状の鋸歯があります。薬用アロエとして有名で、古くから「医
者いらず」とも言われてきました。また透明な葉肉は苦みがないた
め、生食用にも利用されています。別名で「バルバドスアロエ」とも呼
ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe vera。
英名は Aloe vera, Barbados aloe。
Aloe vera belongs to Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen herb
that is native to the coastal areas of the Mediterranean Sea and the
Caribbean; the Barbados Island. This herb can reach 80-100 cm in height.
The leaves are narrow lanceolate and arranged in rosette, with acute spiny
toothed edges. The leaf-freshes are transparent and have not biiter taste,
and used as a medicine and raw diet.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月14日撮影。
[中3〜中5] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[中6・下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年05月14日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp