アロエ・ウィッケンシイ (紫光錦) [Index] [Back]

Aloe wickensii

Aloe wickensii

Aloe wickensii

Aloe wickensii

Aloe wickensii

南アフリカのマプマランガ州北部に分布しています。このアロエはすぐに群生します。冬のはじめに、長い花茎を伸ばし、黄色から赤色の花を咲かせます。現在では、ふつうクリプトポダ種(Aloe cryptopoda)に包含されます。また園芸上は「しこうにしき(紫光錦)」と呼ばれます。
ユリ科アロエ属の常緑多年草で、学名は Aloe wickensii。
英名はありません。
Aloe wickensii belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is native to northern Mpumalanga of South Africa. This aloe forms clumps readily. The yellow to red flowers come on the long stalks in early winter. This species is now generally included in Aloe cryptopoda.
[上・中1〜2] 静岡県南伊豆町「南伊豆アロエセンター」にて、
2007年02月16日撮影。
[中3・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp