アルソミトラ・マクロカルパ

Alsomitra macrocarpa

Alsomitra macrocarpa

Alsomitra macrocarpa

Alsomitra macrocarpa

インドネシアのスンダ列島に分布しています。熱帯雨林に生え、他の
樹木などに絡みついてよじ登ります。葉は卵形で葉柄があり、互生し
ます。果実は直径20センチくらいになり、中には400個ほどの翼果
が詰まっています。この翼果は、ハンググライダーのようなかたち
で、風に乗って遠くへ散布されます。20世紀のはじめ、ボヘミアのエ
トリッヒ(Etrich)父子によって、この翼果をヒントにしたアルソミトラ型
飛行機が製作され、後に尾翼を加えたタウベ(Taube)型飛行機へと
発展しました。
ウリ科アルソミトラ科の常緑蔓性木本で、学名は Alsomitra
macrocarpa(syn. Zanonia macrocarpa)。英名は Climbing gourd。
Climbing gourd belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It is an evergreen
climbimg vine that is native to Sunda Islands of Indonesia. This vine occurs
in the tropical rain forests and climbs up other trees. Leaves are ovate,
alternate and petiolate. Fruit is about 20 cm in diameter, packed with about
400 winged seeds. These winged seeds that resemble hang glider, are
capable of gliding through the air of rain forests. Bohemian engineer, Igo
Etrich and his son producted the Alsomitra type airplane which was
designed on this winged seed, in early 20th century. This airplane was
developed to the Taube type airplane which added with tail-wings.
[上] 東京都港区「国立科学博物館付属自然教育園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Hidefumi Suzuki)
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。
[下] 同上にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp