アールラ [Index] [Back]

Brighamia insignis

Brighamia insignis

Brighamia insignis

Brighamia insignis

ハワイ諸島のカウアイ島とニイハウ島が原産です。茎は多肉質で、基部は球状、頂部に向かってだんだん細くなり、高さはふつう1〜2メートルです。茎の先端に鮮やかな葉をコンパクトなロゼット状につきます。9月から11月ごろ、芳香のある黄色い花を葉腋に咲かせます。このただ一つの花粉媒介者は、現在は絶滅している「スズメガ」の一種と考えられています。そのため、人間が人為的に受粉したときにだけ、個体は種子を生産できます。 
キキョウ科ブリガミア属の常緑低木で、学名は Brighamia insignis。英名は Alula、Vulcan palm、Cabbage on a stick。 
Alula (Brighamia insignis) belongs to the Campanulaceae (the Bellflower family). It is an evergreen small tree that is native to the islands of Kauai and Niihau. The stem is succulent, bulbous at the bottom and tapers toward the top, and usually 1-2 m in height. It bears a compact rosette of fleshy leaves atop of stem. The fragrant yellow flowers bloom in the leaf axils from September to November. Its only pollinator is thought a certain type of now-extinct hawk moth. Therefore, individuals only produce seed when artificially pollinated by humans. 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2017年09月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp