あまにゅう (甘にゅう)

Angelica edulis

Angelica edulis

Angelica edulis

Angelica edulis

Angelica edulis

Angelica edulis

Angelica edulis

わが国の北海道から本州、それに四国の石鎚山に分布していま
す。山地の草原や林縁に生え、高さは1〜2メートルになります。茎
は上部で分枝し、葉は1〜2回3出複葉です。小葉は広卵形で基部
は心形をしています。葉柄の基部は鞘状です。7月から9月ごろ、大
きな複散形花序をだし、小さな白い花を咲かせます。名前は、アイヌ
語の「甘にゅう」を意味する「チスイェ(chi-suye)」が、多くの曲折を経
て「にゅう」と変化したもの。
セリ科シシウド属の多年草で、学名は Angelica edulis。
英名はありません。
"Ama-nyuu" (Angelica edulis) belongs to the Apiaceae (the Carrot family).
It is a perennial herb that is distributed in Hokaido, Hinshu and the Mt.
Ishizuchi in Shikoku. This herb grows in mountain grasslands or forest
edges, and can reach 1-2 m in height. The stem is branched at the upper
parts, and the leaves are once to twice trifoliate. The leaflets are broad
ovate with cordate leaf bases. The base of petiole is vaginal. The large
compound umbels are borne and the small white flowers bloom from July
to September. The Japanese name "nyuu" is derived from Ainu language
"chi-suye".
[上・中1〜3] 群馬県嬬恋村千俣にて、2010年07月25日撮影。
[中4・中5] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、
2005年07月17日撮影。
[下] 群馬県上野村楢原「ぶどう峠」にて、2005年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp