アマランサス (紐鶏頭)

Amaranthus hypochondriacus

Amaranthus hypochondriacus

Amaranthus hypochondriacus

Amaranthus hypochondriacus cv. New Aztec

Amaranthus hypochondriacus cv. New Aztec

Amaranthus hypochondriacus cv. Pony Tails

Amaranthus hypochondriacus cv. Pony Tails

Amaranthus hypochondriacus

アマランサスは「はげいとう」の仲間で、中・南アメリカの熱帯高地では歴史の古い栽培植物です。穀物および野菜として利用されてきました。種実は粉にしてパンケ−キ、あるいは粒のまま粥のようにし、また葉は「ほうれんそう」に似た調理法で食べるそうです。食物アレルギー用の食品としても注目されています。
ヒユ科ヒユ属の一年草で、学名は Amaranthus hypochondriacus。
英名は Prince's feather、Grain amaranthus。
Prince's feather (Amaranthus hypochondriacus) belongs to the family Amaranthaceae (the Amaranth family). It is an annual herb that is relative of Amaranthus tricolor. This herb has been cultivated in tropical highlands of Central and South America from long ago. The seeds are used as a grain, and made pancake and cooked porridge. The leaves are used as a vegetable, and cooked spinach-like coisine. This herb draws attention as an allergy-free flour substitute.
[上・中1〜2] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中3・中4] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2001年09月15日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市大角にて、2012年05月16日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp